Home arrow 口腔ケア・リハビリ

口腔ケア・リハビリ プリント メール
口腔ケア・リハビリ

口腔ケア(お口のおそうじ)

 
食べカスがそのまま残っていると、細菌はどんどん 増え続けます。
 
増えた細菌 が食べ物や唾液とともに誤って気道へ入り、
肺で炎症を起こしてしまう(誤嚥性肺炎)可能性もあります。
 
 
 
毎日の歯ブラシでお口の状態を良くして、普通の食事を
しっかり食べれるようにしましょう。
歯磨きは風邪やインフルエンザの予防にもなります。
毎日の歯磨きで口臭も気にならなくなり、
手のリハビリにもつながります。
 
 
 

口腔リハビリ

 
口腔機能の低下
年をとると「噛む」「飲み込む」といった機能も
低下し食も細くなります。
口の清掃に加えて口を動かすためのトレーニングで口の機能を向上させることにより、やわらかいものしか食べられなかった人が普通の食事を食べられるように なるという効果も期待できます。
 
しっかり噛むことで
脳の活性化に!


 
栄養状態が良くなり
風邪やインフルエン
ザなどの病気に負け
ない体に!
 
お口の状態を整えて
積極的に人に会い、
閉じこもり予防に!

 
噛み合わせを良くし
て転倒・骨折の予防
に!

 
 
 
 
「むせ」は誤嚥の重要なサインです。
飲み込むタイミングがずれているのかもしれません。